35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

【数値等公開】スマホ向け広告のAmoAd(アモアド)を使ってみた! 大体評判通りの印象

去年、お問い合わせフォームから連絡をいただき、スマホ向け広告のAmoAd(アモアド)を使ってみました。

二つの広告ユニットを使ったのは、一ヶ月だけ、しかもページの下の方にしか貼りませんでしたが、成果をご覧ください。

 

当ブログには貼っていません。詳細は以下
本記事は報告なので、オチはありません。あしからず。

 

まずはAmoAd(アモアド)を使った結果から

調査期間:2016年某月(1ヶ月間)

AmoAdを設置したサイト:特化型ブログサイトこのサイトではない)

AmoAdを設置した位置:記事直下とページ最下部

AmoAd以外に設置した広告:Google Adsense

セッション:40,233

ユーザー:36,611

PV:58,028

ページ/セッション:1.44

直帰率:79.69%

デバイスセッション比率: mobile : desktop : tablet=28,448 : 9,612 : 2,173

特徴的だったアクセス指標:デバイス別(モバイル)ではiPhoneからのアクセスが約半分だったこと

 

【売上金額】

Google Adsense:11,533円そのサイトのみ)

AmoAd:636円そのサイトのみ、1ページ2ヶ所:記事下とページ最下部)

記事下は、320×100のものを、ページ最下部は、300 x 250のサイズを使用しました。

 

AmoAd(アモアド)に限った指標

インプレッション(表示):78,407
クリック:75
CTR:0.10%
eCPC:8.47円
eCPM:8.10円
収益額:636円

一番多い日で、94円でした。

記事下とページ最下部にしか貼っていないので最適化すれば、もっと多かっただろうという印象です。

 

スポンサーリンク




 

AmoAd(アモアド)とは?

AmoAd(アモアド)とは、株式会社AMoAdが提供しているスマートフォン向けアドネットワーク広告のことです。

つまりPCから見たときは表示されません)

 

株式会社AMoAdは、株式会社サイバーエージェントのグループ企業であり、サイバーエージェントと株式会社ディー・エヌ・エー合弁会社として設立されたという経緯があります。

 

サイバーエージェントはAmebaで、ディー・エヌ・エーはプロ野球球団を保有していることで有名ですね。

この2社が株主ということで、信用という面では問題なさそうです。

 

AmoAd(アモアド)を使ってみた感想

僕は合計12コのサイトを運営している(うち半数は放置)んですが、そのうちの一つのサイトにAmoAdを載せてみました。

実際、どれだけ稼げるかは、AmoAdだけに絞ってみないとわかりません。

それに、効果測定するには広告を動かしたり、色々なタイプのものを使ってみないとわからないのですが、今回はそれをやっていませんw

ですので、あくまで参考程度に数字をご覧ください。

 

クリック単価について

クリック単価は8.47円ですから、やはりアドセンスに比べると低いですね。

こういうのを見ると、アドセンスの良さが際立ちます。

 

ちなみに他の方が書いた記事を見ると、もう少し稼げていました。

それでも14円くらいでしたから、やはりアドセンスの方が高いですね。

(アクセスがより多いサイトの方が単価は上がるようです。これについては後述します)

 

スポンサーリンク




 

広告ユニットについて

ウェブサイト用のユニットは3種類あります。(他にはアプリ用があります)

320×50(オーバーレイ/インライン)
320 ×100(インライン)
300×250(インライン)

 

広告内容について

広告の内容ですが、ゲームの広告が多かったような印象ですね。

毎日、見ていたわけではないので、あくまで印象ですが。

 

支払いについて

累計が1,000円~10万円の場合、月末締めの翌月末払いです。

10万1円以上の場合は報酬確定後60日で支払いがあるようです。

 

僕の場合は、末日に支払いがありました。

(累計が1,000円超えたので)

 

なぜ調査期間が一ヶ月なのか?

なぜ一ヶ月かというと、ちょっと試してみたくなったからです。(笑)

アドセンスの邪魔にならない位置に貼ってみて、どうなるか実験してみました。

今は、その位置に楽天の広告貼ってます。(繰り返しますが、当ブログではありません)

 

感想というか推測

恐らくもっとPVがあるサイトだと、クリック単価が良いような気がします。

まあ、それも当たり前の話で、広告主からしたら成果が上がらないサイトには出してほしくないでしょうからね。

その辺りを考えて、AmoAdさんも広告を調整しているのではないでしょうか。

 

これは推測ですから、参考程度にしてくださいね。

 

スポンサーリンク




 

以下、申し込みまでのフローという名の蛇足

ある日、僕が運営しているサイトのお問い合わせページから、概略以下のようなメールが届きました。

「おい、最近、自分とこのサイト目立ってんな。わしんとこの広告載せへんか?」

もっともっと丁寧でした。すみません、サイ○ーエージェ○トさん。ふざけたい盛りなんです、38歳)

 

実はこのメールをもらったとき、該当のサイトは15万PVくらいあったんですが、さぼっていたら、ここまでおちぶれました。

もったいないとおっしゃられるかもしれませんが、「○○を○○する5つの方法」のような記事は誰にでも書けるので、元ライター(自称作家)としては面白くなくなったんですね。

当ブログも更新していきたいし。

なので、一ヶ月に1、2回更新して放っておいたら、こんな感じになりました。

 

まあ、そんなことはどうでもいいので、本題に戻します。

結論を言うと、メールのやり取りが面倒だったので、直接AmoAdさんに電話しました。

担当の方は女性で、とても良い対応をしていただきました。

 

手続きも簡単だったので、結構早く使えた印象があります。

(もう半年以上前のことなのでうろ覚えです、すみません)

あとは、タグを発行してページに貼り付けるだけです。

 

とはいえ、その時点で実際に貼ったのは、ページ最下部に一つのユニットだけでした。

アドセンスの邪魔にならないところに置いときたかったからです。

数字を見ていただいた通り、アドセンスの方がクリック単価が高いから、ですね。

ですので、AmoAdを使うのはアドセンスが貼れない(内容が規約に抵触するなど)サイトとか記事に貼ると良いのではないかと思います。

 

結局、二つの広告ユニットを貼ったのは、一ヶ月間だけでした。

(今でもページ最下部だけには貼っていますが、やはり大して稼げていません)

 

まとめ

他の広告(たとえばnend)にも興味があったんですが、導入しようと思っていた矢先に、アドセンスに新たな広告ユニットが出ましたよね。

モバイル専用のアンカー広告とモバイル全面広告です。

全面広告はちょっとウザいかな、と思うのでアンカー広告を試してみて考えようと思っています。

 

では、良きブログライフを~。

See you~

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top