35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

受験生のみんなに約束してほしいことがある。聞いてくれ。(受験失敗談①)【前編】

顔を手で覆う女性
By: jazbeck

今まで誰にも語っていなかった事実だ。
でも、受験生にはあの惨劇を繰り返させたくない。

ありのまま起こったことを話すぜ。
ちょっと長くなるが、「馬鹿な野郎だ」と思いながら聞いてくれ。

スポンサーリンク







1998年2月25日、神戸

1998年2月25日、僕は神戸にいた。
震災から数年、街はまだその傷が癒えていなかった。

 

前日、僕は関西学院大学へ進んだ同級生と遊んでいた。
久しぶりに会った彼は垢抜けていた。大学生活を楽しんでいるように見えて、まぶしかった。

 

そう、僕は受験浪人をしていた。

 

現役で地元の公立大学に受かっていたものの、進学しなかった。
理由は彼女がいたから。
バドミントン部だった彼女は照れ屋で、はにかんだときの表情がたまらなくかわいかった。
古臭い表現だが、僕は彼女にぞっこんだった。

 

その彼女は関東の大学に進むことになっていた。
僕は彼女と別れたくなかった。その一心だった。
正直、大学なんてどこでも良かった。

 

でも、僕は家庭の事情で私立大学には行けなかった。

関東近辺の国公立といえば、東大か一橋、東京都立(現、首都大学東京)、横浜国立。
進学校だったから周りの影響で、それらの大学より偏差値の低いところは眼中になかったんだ。

いずれもレベルの高い大学だ。

今の僕には無理だと当時、思った。
だから、浪人した。
そう、当時の僕は主体性なんてゼロに等しかった。

 

浪人すれば東大にだって行けると本気で思っていた。
実質、半年の勉強で大学に受かってるんだ。
完全に天狗になっていた。

今となっては当時の僕に言ってやりたい。
「絶対に無理だ」、と。

スポンサーリンク







別離は突然に

でも、僕は浪人三か月目で振られたんだ。
笑ってくれ。
理由なんて簡単さ。

 

「待っていられない」

 

そりゃ、そうだ。
近くに来るかどうかもわからない男をそんなに待てるわけがない。

 

涙も出なかった。

いや、強がりはよそう。
風呂場でちょっと泣いた。

 

それで、なぜ神戸大学かって?
彼女の元々の志望校だからさ。
ただ、それだけだった。

 

復讐とか怨恨とか、そういったネガティブな感情は一切なかった。
言葉にするなら、

 

「彼女の夢を叶えてやろう」

 

ってとこか。

ああ、恥ずかしい野郎だ。
今、思い出すだけで悶絶ものだ。
笑ってくれ。

 

スポンサーリンク




神戸大学までの長く険しい道のり

By: Jason Thien

(写真は本文と関係ありません)

 

話を戻す。
僕は神戸にいた。

 

1998年2月25日、国立大学前期試験の受験日。

 

朝。
吐く息が白かった。

 

阪急神戸線、六甲駅。
周りは受験生であふれていた。

僕は神戸大学行きのバス停を探した。
すぐに見つかった。

 

バスはちょうど出発したところだった。
そのバスは受験生ですし詰め状態だった。
更に、バス停にはまだ多くの受験生らしき若者が待っていた。

 

「これは無理だ」

口中につぶやいた僕は内心少し焦っていた。
左腕に着けたG-SHOCKに視線を落とす。

 

試験開始まで30分ほどあった。
大学までは徒歩で15分から20分。
大学案内の冊子に、そう書いてあった。

 

まだ間に合う。
僕は坂道を歩く受験生の群れに加わった。

 

歩き出して少し経った頃、前を歩く若者二人の会話が一部聞こえた。
「でも、ホウガクブってさ・・・」

 

『あ、この人たちも法学部へ行くんだ。
だったらついて行けばいいんだな。』

そう思った僕はひたすら彼らの後を追った。

 

坂道はどんどん急になっていく。
45度くらいあるんじゃないかと思うほどだ。
冷えていた体が徐々に温まってくる。
厚着をしているせいで、汗が滲む。

 

ふとそれらしきレンガ造りの建物が前方に見えてきた。でもそれは違ったらしい。
遠くに目をやる。建ち並ぶ高層マンションが視界に飛び込んできた。

 

まだなのかと焦れ始めた頃、受験生が吸い込まれるように入って行く門が現れた。
再び、時計に視線をやる。
試験開始、10分前。

 

間に合った。

引き続き、前の二人を追いかけ、キャンパス内を進む。

受験会場らしき建物が見えた。

と、僕はそこで衝撃的な一言を耳にする。

 

 

「工学部受験生は会場に入ってください。間もなく試験が始まります」

 

 

後編に続く

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top