35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

よく見られている記事

アンドロイドスマホ
785371

【Android】アンドロイドスマホの電源が入らないときに試したい4つの方法

ちょっと前までは動いていたのに、突然動かなくなった。 何が原因かさっぱりわからない。 スマホに限らず家電なんかでも、そういうことがありますよね。 下手に触って余計なダメージを与えたくない。 でも電話が使えない、ネットにもつながらないなんて困...

新卒で入った会社が割とブラックだった話②~奇々怪々? 人事異動、移動~

新卒で入った会社が割とブラックだった話②~奇々怪々? 人事異動、移動~

黒い犬
By: Pedro Ribeiro Simões

 

以下、この話はフィクションだと思って読んでください。

フィクションに決まっています。大事なことなので二回言いました。

前回はコチラ
新卒で入った会社が割とブラックだった話①

 

辞令は突然に…

年末も押し迫った頃、不意にそれは訪れた。

東京研修の辞令が下ったのだ。

「年末年始は東京で過ごすのか」

そう思うと、少しだけ気持ちが暗くなった。

 

しかし、その気分も束の間、次の日、万全の準備をして出勤したら店長(T課長)に告げられた。

「あ、杉。おまえの研修延期になった」
顔を合わせるなり、T課長が言った。

「え? 何でですか?」

「多分、向こう(東京)で異動があってゴタゴタしてんだろ」

「はあ、そうですか…。って、準備したのに、これ」
僕は昔の洋画に出てきそうなミリタリー系のどでかいズタ袋に荷物を詰め込んで来ていた。

ミリタリー系ズタ袋
(参考画像)

結局、年末年始(と言っても休みは31日と1日のみ)は彼女(今の嫁)と過ごした。

東京に着いたらタコ部屋入居

まだ松もとれない1月の寒い日。

確か5日か6日だったと思う

僕は改めて東京研修を告げられた。
T課長が東京に呼び戻されることになったから、同じタイミングでということらしい。

 

実は東京へ行くのは生まれて初めての経験だった。

T課長に連れられて、上野駅に降り立つ。(課長は下町生まれの江戸っ子)

すると改札口に、元官僚の古賀茂明さん似(報道ステーションで古館キャスターとひと悶着あった方)の人が待っていた。


(古賀茂明さん、この方ですね)

 

「おう、H」
T課長がその人に声をかけて、僕を紹介してくれた。

「この人がH係長。元は大阪店で、おまえと入れ替わりで大阪に帰ることになる」

「あ、そうなんですね。杉です、よろしくお願いします」
僕はH係長に頭を下げた。

「じゃあ、俺はここで。後はHに任せるからよ」

T課長はそう言って、夜の上野の街に消えた。

「じゃあ、行くか」
そう言うH係長の後を追って、僕は東京という大都会に足を踏み入れた。

 

寮は本店近くのマンションで1DKだった。

16畳程度の部屋に二段ベッドが一つあるだけだが、多いときで五人で住んでいたことがあるらしい。

正にタコ部屋というべき環境だった。

幸い、僕はH係長と入れ替わりで入ることになっていて、そのときは一人になったから気楽なものだったけど。

社長、登場

次の日の朝、起きたら、既にH係長は大阪へ戻るために部屋を出た後だった。

僕は店(会社)の制服に着替えてマンションを出た。

 

職場となる本店まではすぐ近くだ。

本店がある通りの角で待っていると、まもなくT課長が来た。

「おはようございます」

「おう。ついでだから、おまえも朝礼に参加していけよ」

「いいんすか?」

「後ろの方にいりゃ、大丈夫だからよ。おもしれえもんが見れるぜ」

「え? 何すか? それ」

「見てのお楽しみだって。っていうか、俺がやられるかもしれねぇけど」
課長が自嘲交じりの笑みをこぼし、本社ビル二階への狭い階段を上がる。(一階は店舗)

僕は何が何やらわからないまま背後について行った。

 

階段を上がりきったところの二階は会議室だった。

と言っても、さほど広くない部屋で、そこに三十人近くの大人がいるせいで、最後尾の僕はほとんど部屋からはみだしているような状態だった。

課長は人垣をかき分けて中に入って行った。

手持無沙汰となった僕は、ひそひそ声で雑談する先輩たちの背後で、特に何も考えず突っ立っていた。

 

すると、しばらく経ってドアの開く音がした。

と、同時に

ご苦労様です!!!
という男たちの声が何重にも重なって耳朶を打った。

社長が登場した。

 

スポンサーリンク

 

朝礼という名の公開説教、否、公開罵倒

ガマガエル
By: Internet Archive Book Images

社長には一度だけ会っていた。
11月に大阪店を視察しに来たときだった。

僕はたまたま上司に頼まれておつかいに行っていたので、社長の帰り際に挨拶をしただけだった。

社長は小柄で太っていて、芸能人の『藤○弘、』にガマガエルの成分を混ぜた感じの容姿だった。

僕は以前に何度か提出した作文(会社の行く末をどうのこうのというお題のもの)のおかげで、なぜか気に入られていたようで、

「おう、お前が杉か。まあ、頑張れ」

という感じで声をかけられていた。

 

その社長が入ってくるなり、会議室に糸を張りつめたような緊張が走った。

そして、そこからは社長の独壇場だった。

まず、前日の営業成績のことから始まり、今月の売り上げ、先月の売り上げ、フロアごとの売り上げについての話が始まった。

それは控えめに言って『説教』、普通に受け取ると【罵倒】だった。

 

その日は『k』という課長が槍玉に挙がっていた。

「おい、K。これについてどう思ってんだい、おまえは。ああん? なんだい、その辛気臭ぇツラは? 何か言いてぇことがあるなら言ったらどうなんだい? ああん?」

「いえ」

「おい、『いえ』ってのは何だい? どういう意味なんだい、それは。おまえんとこの売り上げが伸びてねぇことについて聞いてんのに、それだけじゃわからねぇだろうが。ああん?」

と、まあ、最初から最後までこういった口調で朝礼は進んだ。

 

ときには上述した以上の、人格否定ともとれる発言もあったけど、どうやら日常茶飯事らしかった。

それが証拠に、朝礼が終わった後、槍玉に挙がった人は他の社員から、

「めっちゃ言われてましたね。やばいっしょ」

といった感じでからかわれていたからだ。

でも、K課長は真面目な人で思いつめるタイプらしく、誰も声をかけていなかったけど。

 

【続く】

続きはコチラ
新卒で入った会社が割とブラックだった話③~意味ない駆け引き~

 

前回はコチラ
新卒で入った会社が割とブラックだった話①

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top