35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

新卒で入った会社が割とブラックだった話①

新卒で働いた会社が割とブラックだった話①

黒猫
By: Tomi Tapio K

以下、この話はフィクションだと思って読んでください。

フィクションに決まっています。大事なことなので二回言いました。

当然のことだが、勢いで行動すると良くない

大学を半年間留年し、9月に卒業した僕は、その足で大阪へ向かった。

 

何かと便利な都会に住みたかったし、今の嫁(当時の彼女)が一足先に大阪に住んでいたからだ。
特に何も考えず、大阪に向かったのだが、そう言い切ってしまうと語弊がある。

というのも、当時の僕にとっては場所なんてどこでも良かったのだ。

なぜかって、僕はすぐにでも作家として活動するつもりでいたからだ。
実際、書きかけの小説(その時点で原稿用紙300枚超)を用意していた。

それを書き上げれば、後は何とかなると思っていた。

 

だが、そこには致命的な問題があった。
賢明な読者諸氏にはもうおわかりのことと思う。

その小説がダメだったらどうするの?

ということだ。

 

結果から言うと、その小説はとんでもない駄作だった。
とにかく全てがダメだった。

若さゆえの過ちとはこういうことを言う。
勢いだけで計画を練ると良くない。

この辺のことはここに記している。

撤退でも敗北でもなく、「転進」だと思えるようになったら楽になる

バイト気分で入社

小説を書く以前に、僕は生活していかなければならなかった。

家賃を払って食費を稼がなければならない。
当然のことだ。

だから、僕はバイトをしようと思い、バイト情報誌の『an』を手にした。

いくつかピックアップした中から、バイク用品販売店に応募した。
フルタイムのバイトだったし、僕はバイクが好きだったからだ。

 

でも、この選択が約一年にわたる苦闘を呼ぶことになろうとは、そのときの僕には想像もつかないことだった。

スポンサーリンク







私服で面接。だってバイトだし

太陽の塔
By: Aapo Haapanen

(このモニュメントがある近辺ではありません。イメージです)

大阪府の北の方に、その店はあった。

大阪市内からはかなり離れていて通勤は大変そうだったけど、初めての土地だったから少しだけ心が弾んだ。

 

時間通りに店に入った。
バイク部品やヘルメットが所狭しと並べられていた。

「いらっしゃいませ」
と声をかけてきた店員さんらしき人に話しかける。

「今日、○時からアルバイトの面接をしてもらうことになっている杉です」

少し驚いたような顔をして、その店員さんが店の裏手にある事務所へ案内してくれた。

 

すぐに店長さんが来て、僕を面接してくれた。

感じの良い人で、「この人の下なら大丈夫そうだな」と思ったことを覚えている。

「いつから来れそう?」
店長さんが面接の終わり頃に言った。

「いつからでも大丈夫です」

「じゃあ、明後日から来てくれる?」
店長さんがスケジュール帳を見ながら言った。

「はい、わかりました」
僕は元気良く返事をした。

あっけなく採用が決まり、少し拍子抜けした。

でも、「バイトだし、こんなもんかな」とも思った。

店内に戻り、案内してくれた店員さんに挨拶をして、その日は帰宅した。

直属の上司に言われた言葉

バイク展示会
By: Craig Howell

(実際の店舗ではありません)

店は二階建てだった。

一階はバイク部品とバイク整備場、事務所。
二階はヘルメットやブーツ、グローブ、服、アクセサリーなど。

そこに、店長と四人の店員と、整備士が一人いた。

僕は二階のバイク用品フロアに配属された。

 

働き始めて3日目の仕事終わり、モップでフロアを拭いていたらフロアリーダーに言われた。

「おまえ、案外ちゃんとしてんねんな。どんな奴が来るか心配してたんやけど」
帳簿をつけながら言うフロアリーダー。

「はあ、ありがとうございます」
床を拭きながら僕は答えた。

「仕事も真面目にやるし、聞いてた話とはちょっと違うな」

「え? 何て聞いてたんですか」
顔を上げるとフロアリーダーと目が合った。

「いや、面接に私服で来たって言うから、あかん奴やと思っててん」

「はあ、そうですか」

「あんなあ、普通、就職の面接いうたらスーツで来るもんやで」

「すみません」
一応、頭を下げたけど、心の中では『いや、バイトやし』と思っていた。

 

募集要項に『社員登用アリ』とは書いていたけど、僕は社員になる気はなく、あくまでバイトの面接だと思っていたので私服で行った。

しかし、これは僕の勘違いというか、間違いだったのだろう。

バイトであれ、二十歳を超えた社会人なので面接と言えばスーツが当たり前なのだ。
この辺はまだテキトーな大学生気質が抜けていなかったのだろうと思う。

勤務時間に疑問

*******勤務形態
勤務時間:朝9時~夜9時
休憩:昼休憩は(長くて)15分。
残業など:日によっては(というより高確率で)残業アリ。
休日:週一回、火曜日。(本店は月曜日)
給料:20万円、賞与なし(社員も賞与なし)

今考えると、明らかにおかしい。
業界によっては当たり前と言う声もあるだろうけど、それが当たり前なんてやっぱりおかしいと思う。

しかも、売り上げが足りない月なんかは、休日でも店長とフロアリーダーが二人で店を開けていたし、場合によっては自腹で品物を買って売り上げにしていた。

今でいうところのブラック企業なんだけど、当時はそんなもんなんだろうと思っていた。

しかし、昼休憩を15分丸々とると「長い」と言われる職場って異常だ。

 

とはいえ、僕はこれ以上のブラックな職場(休み無し、15時間勤務)も経験しているから、まだ甘いと言わざるを得ないんだけど。(笑)

 

スポンサーリンク







 

やっぱりこの会社って…

うんざりしている男性
By: Russell Neches

仕事にようやく慣れた頃、店長が東京の本店に呼び戻された。
その代わりに来たのは、ちょっと強面だけど、冗談ばかり言っている『T課長』だった。

課長という役職だけど、課なんてあるようでないところだった。
ちなみに、呼び戻された店長は役職が『主任』だった。

 

同じ時期、東京へ研修に行っていた社員が戻って来たり、その代わりに別の社員が東京研修へ行ったりと、入れ替わりが激しくなっていた。

 

疑問に思った僕はあるときT課長に訊いた。
やることがなくて、お客さん待ちのときだった。

「最近、やたらと人事異動がありますね」

「ああ、おまえ、入ってきたばかりで知らねぇんだよな。こんなの当たり前だぜ」
T課長はレジカウンター内でこともなげに言った。

「当たり前?」
僕はT課長の横顔を見た。

「そう。それに近いうちにおまえも東京研修に行くことになるだろうし」

「え? そんなの聞いてないっすけど」

「そりゃ、そうだろう。言ってねぇもん」

「いつですか」

「それは社長に訊いた方が早いな」

「え? どうやって訊くんですか? 電話をかけて?」
僕はレジカウンターに置いている電話の受話器をとる振りをした。

「バッカ、本気で訊く気か。怖ぇことすんなよ」

「冗談っすよ」

「ま、社長の気分次第だからな。下手したら明日にもって感じだ」
T課長は口をへの字にして言った。

薄々感じていたが、やはりこの会社は社長のワンマンなのだ。

そう思った。

 

「続き」
新卒で入った会社が割とブラックだった話②~奇々怪々? 人事異動、移動~

 

【ご指摘があったので追記】

僕としてはバイト情報雑誌で見つけたことですし、バイト感覚で入った会社なんですが、会社としては入社前提だったらしいです。
これは入ってから気づきました。

バイトでの入社は試用期間のようなものでしょう。
後にわかることですが、何度も労基署の調査が入るほどの会社でしたから、まともなリクルートはできなかったようです。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 新卒で入った会社が割りとブラックだった話①~⑪完結 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top