35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

ウェブ狼 第二話 ~貴婦人と野獣~

コロニアル様式住宅

By: cmav

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第一話 ~偉そうなあいつからの依頼~)はコチラ

ミソジは大阪の北の端、箕面(みのお)にいた。

箕面の中でも豪邸が建ち並ぶこの辺りの地域は、庶民には縁のない場所だ。

 

杉に教えられた住所を頼りに車を走らせる。

廃車寸前のマークⅡ

買い替える金がないわけじゃない。

気に入ってるから。

乗り続ける理由はそれだけで充分だ。

 

そこにあったのは大きな洋館だった。

不用心にも門が開いていた。

自分のために開けておいてくれたのかもしれないと思い、ミソジは邸内に車を乗り入れた。

 

まぶしいほどに白い外壁の、コロニアル風建築の屋敷だった。

箕面山沿いにあるこの辺りは冬になると寒さが厳しい。

開放的な造りの家で大丈夫なのだろうか。

そう思いながら、ミソジは車寄せギリギリに車を停めた。

 

エンジンを止め、降りる。

と、視線を感じた。

 

スポンサーリンク




 

屋敷内へと続く短い階段の上に、白いスーツを着た男が立っていた。
上背はさほどでもないが、がっしりした体型だということが服の上からでもわかった。

「誰だ、おまえは」

男が言った。

少し外国訛りがあった。

よく見ると、浅黒い肌でヒスパニック系の顔立ちをしている。

「酒井さんとお約束がありまして…」

そんな話は聞いていない

男が、ミソジの言葉を遮るように言った。

「確認してもらってもいいですか」
苛立ちを抑えてミソジは言った。

「その必要はない」

「あなたがどなたか存じ上げないが、ここのご主人は女性だと聞いています」

「だから?」

「ですから、その方にお伝えいただきたい。約束通りの時間に御堂筋俊則が来た、と」

「その必要はない」
木で鼻をくくったような回答。

体の奥で怒りが吹き上がりかけた。

ミソジはそれを落ち着かせてから言った。
「ご主人に聞こえるよう、ここで叫んでもいいんですが、ね」

「ご自由に。こちらとしては警察に通報するだけだ。不法侵入の不審者が騒いでいる、とな」
男が少し首を傾けて言った。

 

束の間、にらみ合った。

「大丈夫なんか、あんた」
ミソジは階段の下から覗き込むように言った。

「何が、だ」
男の顔付きが険しくなった。

「ここ最近、不法入国のガイジンには厳しくなってるで」

ミソジの言葉に、男が横を向いて苦笑した。

 

スポンサーリンク




 

次の刹那、男が飛びかかって来た。

しなやかな、そして素早い動きだった。

ミソジは咄嗟に横に跳んだ。

間一髪のところで男をかわす。

 

男は着地と同時に横に跳び、ミソジの動きについてきた。

瞬時に体勢を整え、ミソジは掌底で男の顎を下から突いた。

だが、男の勢いは止まらなかった。

ミソジは男の体を受け止める形で、その場に倒れ込んだ。

男の、硬い体の感触、荒い息遣い。不快だった。

 

アンディ!!

声が耳朶を打った。

先ほどまで男がいた階段の上に背の高い女性が立っていた。

ヒョウ柄のマキシ丈のワンピースを着ている。

「何をしてるの?」
詰問口調だったが、落ち着いた声だった。

「奥様、いえ、こいつが…」
アンディと呼ばれた男が、ミソジに腕を絡ませたまま言った。

「あなた、御堂筋さん?」

問われ、アンディと呼ばれた男を押しのけて立ち上がる。

「御堂筋俊則と言います。杉成就さんの紹介で、今日の二時にお約束していました」

ジャケットとスラックスについた汚れを払いながら言った。

「やっぱり。二時に来客があるって言うたでしょ、ハリー」

「いえ、俺は聞いていません、奥様」

「あら、そう? ほな私が忘れてたんやわ、ごめんなさいね」
女がそう言って笑った。
朗らかな、澄んだ笑い声だった。

「はあ。いえ、大丈夫です」
ミソジは地面に落とした鞄を拾った。

ハリー・アンディだか、アンディ・ハリーだかが立ち上がろうとしてふらつき、片膝を地面に突いた。
掌底で斜め下から顎を突いた。軽い脳震盪を起こしてもおかしくはない。

「ハリー、大丈夫?」
女が心配げな声音で訊いた。

「問題ありません、奥様」

「なら良かった。ほな御堂筋さん、行きましょ」
女が微笑を浮かべて身を翻した。

早足で屋敷の中へ入って行く。

「覚えとけよ、おい」
アンディがミソジにだけ聞こえる低い声で言った。

まだ立ち上がれないらしく、地面に膝をついたままだった。

「歩行練習は入念に、な。あんよが上手ってか」
ミソジは肩越しに言って、女の後に続いた。

 

続き【ウェブ狼 第三話 ~貴婦人という名の野獣~】を見に行く

目次へ

コメント0件815

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top