35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

ウェブ狼 第三話 ~貴婦人という名の野獣~

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第二話 ~貴婦人と野獣~)はコチラ

そこは、優に40畳を超えるくらい広いリビングだった。

いや、もしかしたら正確にはダイニングルームなのかもしれない。

窓際に据えられた大きなテーブルに案内されたミソジは、背もたれに王冠、肘掛けにバラ文様が施された椅子に座った。

 

テーブルに向かい合って座った、この屋敷の主人は酒井美里と名乗った。

歳の頃は50過ぎ、いや、もっといっているかもしれない。

昔は美人で通っていたのかもしれないが、今は若作りが逆に年齢を浮き彫りにさせている。

濃い化粧に、ヒョウ柄のワンピース。

自分の好みには合わないとミソジは思った。

 

「ごめんなさいね、ハリーがあんなこと」
美里が言った。

「いえ、大丈夫です」
ミソジは、あなたが伝え忘れていたからでは、という言葉を呑みこんで答えた。

「あの人は私のことを守ろうと思ってくれてるんよ。せやから悪気はないねん」

「ハリーという名前なんですか? 彼は」

「本名はアンディ・ジョーンズ。ほら、映画のインディ・ジョーンズ知ってる?」

「ジョージ・ルーカスとスピルバーグの、ですか」

ハリソン・フォードの、よ」
美里が首を横に振った。

「はあ」
ミソジは原案、監督の二人を言ったのだが、美里には通じなかったらしい。

「せやからハリーって呼ぶんよ。私、ハリソン・フォード好きやし」

「ハリソン・フォードからハリーですか」

「それ以外に何があるのん?」
美里がいぶかしげな表情を浮かべた。

「いえ」
ミソジは視線を外して言った。

目の前にある、見るからに値が張りそうなカップを持ち上げる。

一口含んで、もう飲まないことに決めた。

ハーブがブレンドされた飲み物は苦手だからだ。

 

スポンサーリンク




 

「にしても」
美里が紅茶をすすってから続ける。
「イメージと違うわね、あなた。コンサルって、もっと胡散臭い感じの人やと思ってたわ」

「奥さん、俺はSEで、ウェブのコンサルです。業界では俺みたいなタイプは珍しくないですよ」

胡散臭いのは杉のイメージだろう。奴は胡散臭い上に態度がでかいから余計に印象が悪い。

「あなたみたいなタイプって…」
美里が無遠慮な視線を向けてくる。
「細身でメガネをかけてて華奢なイメージってこと?」

「ま、そんな感じです」

「ほんなら、その業界は怖いとこなんやね」
美里が少し間をおいて言った。

「どうしてそう思うんです?」

「あなた、にこやかな表情してるけど、目ぇの奥が笑ってへんから」

開け放たれた窓から入ってきた風がレースのカーテンを揺らした。

どうやら目の前の女はただの有閑夫人ではないらしい。

ミソジはそう思った。

 

スポンサーリンク




 

「仕事の話に移りましょうか」
ミソジは殊更に笑顔を作って話頭を転じた。

「で、ご依頼いただく内容はどんなことでしょうか」
コンサルをするときの通常の手順を踏まず、単刀直入に切り出した。

その方が良さそうだったからだ。

「うちのカフェのホームページ。それのアクセスを上げてほしいねん」

「それだけ、ですか」

「それだけって、どういうこと?」

「いえ」

杉はヤバい仕事だと言っていた。

だが、思い返してみると、どうヤバいかまでは聞いていない。
杉が詳しく語らなかったのだ。

行けばわかる、と。

面倒な仕事を振るために、嘘を吐いたのか。
そうすれば好奇心からその仕事を受けるだろうと…。

 

「お礼ははずむわ」
美里が言った。

「条件面は後で、ということにしましょう。まずはそのホームページを…」

「そのかわり、失敗したら死んでもらうわ
美里がこちらの話を遮るように付け加えた。

何をもって失敗やと言うんです?
咄嗟に聞き返した。

視線が絡んだ。

美里がこちらを射すくめるように真っ直ぐ見ていた。

ミソジは目を逸らさなかった。
もしかしたら、逸らせなかったのかもしれない。

 

「合格、よ。合格
美里が口元だけで笑った。
「せやけど、死んでもらうって言うたのは嘘とちゃう」

「こちらも嘘やとは思ってませんよ」
ミソジは声を抑えて言った。

「おかしな人ね、あなた」
美里が口元に手をやって笑った。

目尻に深いシワが寄った。

 

続き【ウェブ狼 第四話 ~奴との勝負~】を見に行く

ウェブ狼 目次はコチラ

コメント0件705

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top