35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

ウェブ狼 第二十九話 ~聞き込み~

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第二十八話 ~追跡~)はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

 

「先輩。杉って人の事務所がここにあるって本当ですか」

瞳が大きな目を更に見開いた。

「かもしれへん、ってだけや」

「なんでそう思ったんですか」

「細かいことは後で話す。俺は今、奴を、杉成就を追ってんねん」

ミソジは一階の奥にあるエレベーターホールに歩を進めた。

「それはわかりますけど」

「奴が行方不明なのは知ってるよな?」

「弓森由利子さんが殺された、あの件と関係が?」

瞳が首をかしげながら言った。

「恐らく。で、俺は事情があって奴を追ってる」

「こないだ警察の人が来たことも関係あるんですか」

「いや。悪いが、今は説明する時間がない」

腕時計に視線を落とす。

首筋が痛んだ。

「じゃあ、後で詳しく教えてください」

瞳がそう言って、ボタンを押した。

エレベーターが開く。

「一緒に行く気か?」

「行かないわけないでしょ」

瞳がエレベーターに乗り込み、閉まりかけたドアを手で押さえる。

「先輩、時間ないんでしょ? さ、早く」

「ああ」

ミソジはエレベーターに乗り込んで最上階のボタンを押した。

狭いエレベーター内はかび臭かった。

 

スポンサーリンク




 

六階に着いた。

エレベーターが開くと、目の前に若い女がいた。

黒髪に地味な服装で、化粧っ気が少ない。

女はミソジを見た後、背後の瞳に視線をやった。

「あ、お疲れ様です」

女がそう言い、こちらと入れ替わりにエレベーターに乗った。

「知り合いですか」

エレベーターが閉まって動き出すと、瞳が言った。

「んなワケない」

ミソジは言って、廊下に踏み出した。

 

左側にいくつかドアがあった。

エレベーターに最も近いドアの前に立つ。

ところどころ白い塗料が剥がれた金属製のドアには、ネームプレートやマーク、目印の類はなかった。

ミソジは一瞬、躊躇したものの、ドアをノックした。

その音が廊下に響く。

が、反応はなかった。

ドアノブに手をやり、回そうとしたが、微動だにしなかった。

 

二つ目のドアも同じだった。

舌打ちをして、ミソジは三つ目のドアへ向かった。

一つ目、二つ目のドアの間隔に比べ、少し距離がある。

 

ドアをノックする。

が、反応はない。

半ば諦めながら、ドアノブに手をかける。

と、それが回った。

隣りにいた瞳に視線をやる。

目が合うと、瞳が頷いた。

ミソジはゆっくりドアを開けた。

中から音楽が漏れ聞こえてきた。

女性アイドルグループの曲が絞った音量で流れている。

 

入ってすぐのところに、髪を栗色に染めた派手な化粧の若い女がいた。

椅子に座って足を組み、スマホを眺めている。

女はこちらを一瞥し、スマホの画面に視線を戻した。

「ちょっと聞きたいねんけど」

ミソジは話しかけた。

「おじさん、誰? 新しいスタッフさん?」

女が、デニム生地のショートパンツから出た長い脚を組み替えながら言った。

視線はスマホの画面に向けたままだ。

「いや、ちゃうけど、聞きたいことが…」

「お店なら下やから、そっちで受付して。あたしら料金的なこととか知らんし」

「ここは?」

「見たらわかるやん。女の子の待機所。おじさんたちが入ったらあかんとこ」

女が早口で言った。

相変わらず、スマホを見ている。

「そうか。邪魔した」

ミソジはそれだけ言い置いて、部屋を出た。

 

瞳と共にエレベーターのところまで戻った。

「どうするんですか」

瞳が言った。

「手前の二つの部屋が気になる」

「管理会社に電話しますか? 事務所があるなら名前くらい教えてくれるんじゃないですか」

「まだ朝早いからな。しかも今日は日曜日やし、管理会社が休みかもしれへん」

「急ぐんですよね」

瞳がエレベーターのボタンを押した。

「ああ」

「じゃあ、聞きに行くしかないですね」

「どこへ」

「下のお店」

「知ってたとして教えてくれるかどうか」

「どっちにしろ聞いてみないとわかりませんよ」

エレベータが開き、瞳がそれに乗った。

「行きますよ、お・じ・さ・ん

「やかましいわ」

 

スポンサーリンク







 

五階

廊下にまで響く、かまびすしいハウスミュージックが流れていた。

開け放たれているドアから中に入る。

入店を知らせるチャイムが鳴った。

「はい、いらっしゃいませ~!」

黒いカーテンの奥から威勢の良い声が聞こえた。

よく日焼けした若い男が出てきた。

ピンクのワイシャツを着て、髭を生やしている。

「ご予約は?」

「いや」

「ほな、お早目から出しますね。今、ちょっと女の子少ない時間帯なんですけど…」

そう言いながら店員がカウンターの下からパネルを取り出した。

半裸の若い女の写真が、カウンターの上に並び始める。

「ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

ミソジはパネルに一瞬だけ目をやって言った。

「はい?」

「今、ある男を捜してて…」

は? 女の子じゃなく?」

「ええ」

「冗談はやめてくださいよ、お客さん」

店員が口元だけで笑った。

「これが冗談とちゃうねん。ある男を捜してて…」

「あなた、警察の人ですか? それとも浮気調査の探偵とか興信所?」

店員がいぶかしげにこちらを見る。

「いや、ちゃう。その男はここの店に来てるかも…」

「お客さん、いや、お客さんとちゃうな」

店員が咳払いをして続ける。

「遊ぶ気ないんなら帰ってもらえますか? こんなん言うのもあれやけど、商売の邪魔なんでね」

「それはわかんねんけど…」

「俺は今、帰れって言うたんですわ。聞こえましたよね?」

店員が語気を強めた。

顔には愛想笑いを貼り付けたままだった。

「…わかった」

ミソジは踵を返した。

「またお待ちしてまあす」

打って変わって軽い感じの声を背中で聞いた。

 

廊下に出る。

瞳がエレベーターの傍で待っていた。

「どうでした?」

「予想通り」

「というのは?」

「商売の邪魔やから帰れ、と。そら、そうやわな」

「話、聞けなかったんですか」

「取り付く島もなかった」

「どうします?」

「別の店で聞いてみるしかない。時間ないしな」

「わかりました」

瞳がエレベーターを開けて乗った。

ミソジもそれに続く。

 

エレベーターの中で思案を巡らせた。

四階に着き、ドアが開いたときに思いついた。

「よし、そうしよう」

「なんですか」

「新田、協力してくれるよな」

「え? はい」

事情を呑み込めないながら瞳が頷いた。

「よし、ほんなら行こう」

ミソジは瞳を促して、先に行かせた。

「ちょっと、先輩。あたしも行くんですか?」

「そう」

「いや、ダメでしょう。女性の利用は…」

「まあまあ」

「何が、『まあまあ』なんですか」

上の階と同じく開け放たれたドアから中に入った。

この店には音楽が流れていなかった。

「はい、いらっしゃ…」

カーテンの奥から出迎えの声が聞こえたが、途中で止まった。

「せ、先輩…」

瞳が振り返った。不安げな様子を隠そうともしていない。

「大丈夫」

「なにがどう大丈…」

「ちょっと、スンマセン」

瞳の抗議をかき消すような、しゃがれた声が聞こえた。

ワイシャツの上に黒いベストを着た四十がらみの男が、奥から出て来ていた。

「うちの女の子とちゃいますよね?」

スーツの男が瞳を上から下まで見て言った。

「ああ、せやで。この子をここで雇ってもらおう思ってな」

ミソジは言った。

 

 

続き【ウェブ狼 第三十話 ~侵入~】を見に行く

ウェブ狼 目次はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

コメント0件485

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top