35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

よく見られている記事

アンドロイドスマホ
773616

【Android】アンドロイドスマホの電源が入らないときに試したい4つの方法

ちょっと前までは動いていたのに、突然動かなくなった。 何が原因かさっぱりわからない。 スマホに限らず家電なんかでも、そういうことがありますよね。 下手に触って余計なダメージを与えたくない。 でも電話が使えない、ネットにもつながらないなんて困...

ウェブ狼 第二十八話 ~追跡~

日本、繁華街の雑居ビル
By: nachans

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第二十七話 ~黒い衝撃~)はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

 

「……い、おい、あんた

遠くで声が聞こえた。

光が見えた。

右頬に、堅いものが当たっている。

それがアスファルトだと気づくのに、少し時間がかかった。

 

すえたような刺激臭が鼻をついた。

「大丈夫か、あんた」

その声の主はすぐ傍にいた。

こちらを見下ろしている。

年齢不詳だが、50歳は超えているように見えた。

陽に灼けた褐色の肌に、深いシワが刻まれた顔、ぼさぼさの髪の毛、着古して変色したTシャツとジャージのズボン。

「奴らは?」

ミソジは顔をそむけるようにして、辺りを窺った。

「いや、誰もおらんで」

「あんた、俺が奴らに…」

「ん?」

「いや、何でもない」

「まあ、大丈夫なら良かった。ほな」

男は破顔し、傍にある自転車に跨った。

見るからに古いそれの前と後ろには、空き缶をいっぱいに詰めたビニール袋が積まれていた。

 

意識がはっきりしてくると、身体の方々が痛むことに気づいた。

身体を起こそうとしたとき、首筋に鋭い痛みが走った。

他にも、耐え難いというほどでもないが、顔の額から右目にかけての部分の痛みがひどかった。

ミソジはそれをこらえながら、運転席側の後輪を背にして座った。

 

しばらくして立ちあがろうとしてふらつき、再び座り込んだ。

鈍い頭痛に襲われ、頭を押さえ、目を閉じる。

スライドショーを見せられているかのように、自分の記憶がまぶたの裏に浮かんだ。

迫って来る黒のハイエース、慌てて曲がった交差点、行く道を塞いだ白のセダン。

それから、四人の男たちに囲まれて暴行を受けたこと場面も。

『オジキ』と呼ばれていた黒いスーツの男と、バールを持ったチンピラの顔ははっきりと思い出すことができた。

二度と会いたくはないが、次に顔を合わせても判別できるだろう。

そう思った。

 

クラクション。

道のど真ん中を占拠しているマークⅡの背後に、白い軽トラが迫って来ていた。

ミソジは痛む身体に何とか折り合いをつけて立ち上がった。

軽トラに向かって、手を挙げて運転席に乗り込み、エンジンをかけて車を端に寄せた。

 

 

ミソジは近くにあった大きなビルのシャッターの前に座っていた。

頭を打ったせいもあったが、それよりも夜通し駆け回ったせいで意識が朦朧としていた。

 

ブレーキ音が耳朶を打った。

足音が近づいてくる。

「先輩」

聞き覚えのある声に、顔を上げる。

新田瞳がそこにいた。

「すまんな、朝早くに呼び出して」

「女子には朝の用意が色々と……、って、どうしたんですか、先輩。その顔…」

瞳がミソジの顔を見て絶句した。

「話せば長くなるが、ちょっと転んでな」

「どこで転んだら、そんなことになるんですか。血が出てますよ」

瞳がハンカチを出し、顔に近づけてくる。

「ハンカチが汚れる」

ミソジは顔を背けた。

「汚れたものを拭くためにハンカチがあるんですよ、先輩」

「俺が汚れた存在みたいな言い方やな。あ、痛っ」

「軽口はそのくらいにしてください」

瞳が真剣な口調で言った。

「消毒した方が良さそうですね。ちょっと待っててください」

「いや、ええって」

「駄目です」

そう言って、瞳が小走りに駆けて行った。

 

数分で戻って来た瞳は、コンビニの袋を手に提げていた。

そこから消毒薬とガーゼ、医療用テープを取り出して、ミソジの額から目元にかけての怪我を処置する。

「しっかりしてるな」

「何がですか?」

「いや、テキパキと応急処置してくれるから」

「うちは父子家庭だったんで、何でも自分でしないといけなかったんです」

瞳がこともなげに言った。

そこに悲壮感のようなものはなかった。

「そうか」

「はい、できました。ちょっと見えにくいかもですけど、我慢してください」

「ああ、ありがとう」

ミソジは頷くように頭を下げた。

首がまだ痛んでいた。

 

「で、何があったんですか

瞳がしゃがんだままこちらを見つめてくる。

怒っているような表情だった。

「話したら長くなるって言うたやろ」

「転んだんですよね」

「そうや」

「誰に、転がされたんです?」

「誰にも」

「嘘」

「何で、そう思う?」

「先輩の車、あんな中途半端なところに停めてますし、ただ転んだにしてはジャケットが汚れすぎです」

「鋭いな。そやねん、ただ転んだんとちゃう。めっちゃ転んだんや。わざわざ車を降りて…」

「もう、いいです」

瞳が途中で遮って、続ける

「それで、あたしをここに呼び出した理由を教えてください」

「杉成就の行き先を聞きたいねん、あのときの」

 

スポンサーリンク

 

「ここか?」

ミソジは車を徐行させながら、右斜め前に見えた雑居ビルを指差した。

「多分」

「あの日、杉が入って行ったビルで間違いないか」

「先輩と杉って人が別れたのが、さっき通った四つ角ですよね。手前の二階に二人で入ったバーがあって…」

「そう。千日前の手前で右に曲がってすぐの」

「で、あたしがつけていくと、あの人はまっすぐ来て道頓堀を渡って、左に曲がって…。ええと…」

「今、この車の進行方向はそのときと逆や。この道は一方通行やから」

「そうですよね。ですから、合ってるはずです。外観もこんな感じでした」

「よし」

ミソジはそのまま雑居ビルの前を通り過ぎ、左にあったコインパーキングに車を停めた。

早足で引き返す。

飲食店とラブホテルやいかがわしい店が建ち並ぶ通りは、アメ村の南端ということもあって普段は人通りが多い。

だが、早朝の今はさほどでもなかった。

 

目当ての雑居ビルの前に戻ってきた。

一階の奥まったところにエレベーターがあった。

その手前、左側の壁に、入居しているテナントのパネルが貼ってある。

ビルは六階建てらしかった。

「ビル一棟が丸々そういう店で占められてるみたいやな」

十八禁マークが描かれたパネルを見て、ミソジは言った。

一階から五階まで、それが貼られていた。

「でしょう?」

「杉がここに入ったのは間違いないんやんな?」

ミソジの問いかけに瞳が頷く。

「でも、何階に行ったかまでは見てない?」

「はい」

「とりあえず六階に行ってみよう」

「何でですか?」

「杉成就の事務所がここにあるかもしれへんからや」

 

 

続き【ウェブ狼 第二十九話 ~聞き込み~】を見に行く

ウェブ狼 目次はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top