35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

ウェブ狼 第二十七話 ~黒い衝撃~

ハイエース
By: MIKI Yoshihito

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第二十六話 ~手がかり~)はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

 

レジャービルの階段を駆け下りた。

勢い良く道へ飛び出し、走り出す。

途中、若い女を連れた中年男の肩にぶつかり、怒声を浴びた。

 

モータープール。

マークⅡを探すのに時間はかからなかった。

鍵を開け、乗り込む。

「で、どこへ?」

エンジンをかけようとして、気づいた。

杉が一時間前に、あのバーにいた。

だが、その後、どこへ向かったかわかるはずがなかった。

「くそっ」

ミソジは手の平をステアリングに叩きつけた。

クラクションが、間の抜けた音を出した。

 

唯一の手がかりは杉の事務所がある場所だった。

難波だ。

とはいえ、具体的な住所は知る由もない。

 

ミソジは車を発進させた。

とにかく今は動くことだ。

じっとしていても何も始まらない。

そう思った。

 

空が明るくなりつつあった。

時計を見ると、朝5時半を過ぎたところだった。

いつもは混雑している御堂筋でさえ、この時間は空いている。

 

青信号に変わったのを見て、車を発進させた。

 

大江橋に差し掛かる。

そのときだった。

バックミラーに黒い影が映った。

と思った刹那、衝撃が全身を打った。

視界がずれる。

一瞬、何が起こったかわからなかった。

 

再びの衝撃。

ようやく理解した。

バックミラーを覆った影は黒い車だった。

 

追突事故?

いや、そうじゃないかもしれない。

本能が告げていた。

心臓が早鐘を打つ。

 

ステアリングを握り直し、わずかにそれた車の進行方向を修正する。

一瞬迷って、離しかけたアクセルを踏んだ。

と同時に、車線を変更した。

バックミラーから黒い影が消える。

右側のサイドミラーを見た。

追突してきた車はハイエースだった。

そのハイエースが再び動き出す。

ミソジのマークⅡがいる車線に移って来た。

 

「なんなんや」

ミソジは独りごちた。

ハイエースは二度追突してきた。

しかも、まだこちらを追いかけようとしている。

そこには意図があった。

こちらを害しようという明確な意図が。

 

誰が、何のために?

疑問が頭の中をよぎる。

だが、考えている暇はない。

黒いハイエースが、また背後に迫っていた。

「くそっ」

ミソジはステアリングを操作し、元の車線に戻った。

ハイエースが左横に並ぶ。

 

アクセルを踏み込んだ。

淀屋橋を渡り切る。

交差点を過ぎると、左右に側道が現れ、車線が四つに減少した。

加速しながら、前を走る車を避ける。

 

バックミラーに映ったハイエースが車線を変更した。

加速し、左横に並んだ。

横目でそれを確認し、前方に視線を戻す。

信号が黄色から赤になろうとしていた。

 

「くっ」

ミソジはアクセルをブレーキに踏み替えた。

ステアリングを一気に右に切った。

横からの強い圧力。

身体が助手席側に倒れそうになる。

シートベルトの存在に初めて感謝した。

 

一方通行の道に入った。

 

ブレーキ音が耳朶を打つ。

ハイエースも無理矢理右折したらしい。

バックミラーに黒い車体が映った。

 

戦慄。

ミソジはアクセルを踏み込んだ。

マークⅡが猛スピードで進む。

人通りはなかった。

それだけが救いだった。

 

前方の四つ角。

左から勢い良く白いセダンが出てきた。

と思いきや、セダンがそこで停まり、道を塞いだ。

ミソジは反射的にブレーキを踏み込んだ。

首が振られ、頭がステアリングにぶつかりそうになる。

 

スポンサーリンク







 

ミソジのマークⅡは、白いセダンの一メートルほど手前で停まっていた。

 

束の間、何も考えられなかった。

 

セダンのドアが開き、男が二人降りてきた。

どちらも嫌な雰囲気を漂わせている。

助手席から降りてきた若く体格の良い男が、セダンの前を回り込んでこちらに歩み寄ってくる。

男はバールを手にしていた。

 

それが何を意味しているのか、ミソジは理解した。

得物になるものを探す。

だが、車内には何もなかった。

 

バールを手にした若い男がマークⅡの横に立った。

車のドア一枚隔てただけの距離だ。

 

こちらを見下ろす男と目が合った。

知性の欠片も感じられない目だった。

男が片頬で笑った。

嫌な笑い方だった。

 

男がバールを振り上げた。

それを、振り下ろす。

窓に当たる瞬間、ミソジは顔を両腕でガードした。

 

何も起こらなかった。

両腕の隙間から確認する。

男は窓に当たるぎりぎりのところで、バールを止めていた。

 

複数の笑い声が辺りに響いた。

いつの間にか、外に四人の男たちがいた。

一人が黒いスーツに黒いシャツ、残りの三人が派手な色のジャージ姿だった。

「降りろ」

スーツを着た、四人の中で最も年嵩の男が大声で言った。

 

スポンサーリンク







 

ミソジは言われるままに車を降りた。

男たちが半円状になって、こちらを囲む。

 

年嵩のスーツの男が半歩進み出た。

四十半ばくらいに見えるその男は小柄で、髪を後ろに撫でつけている。

こずるそうな表情が癇に障った。

「あんたら何モンや。何の…」

ミソジの問いは途中で遮られた。

「御堂筋俊則。30歳。株式会社ロングテールマーケティングに勤務。家族は妻一人、子供一人。住所は大阪市…」

「ちょっと待ってくれ。俺が何をしたって言うんや」

ミソジは言った。

「残念ながら質問は受け付けてへんねや」

年嵩の男が言った。

「オジキ、とりあえずいわしときましょか、このボケ」

バールを持った若い男がにやつきながら言った。

「まあ、待て。いたぶるのはいつでもできる」

オジキと呼ばれた年嵩の男が、こちらから視線を逸らさずに言って続ける。

「この件から手を引け」

「どの件や」

「おい、カス。言葉の遣い方に気ぃつけんかい」

バールの男が言った。

ミソジは、自分の頭に血が上るのがわかった。

「オマエもな」

「なんやと、コラ」

バールの男が血相を変えた。

「待たんかい」

年嵩の男がそれを制して、こちらを向く。

「自分の立場がわかってへんみたいやな」

「わかるわけないやろ」

言った瞬間、拳が腹にめり込んだ。

「ぐっ」

息が止まりそうになった。

「オジキはプロボクサーやで、気ぃつけんとあかんで」

バールの男が嬉しそうに言った。

「ノブ。『元』ボクサーや」

オジキが言った。

バールの男はノブという名前らしい。

ミソジは腹を押さえながら、マークⅡの運転席側のドアにもたれた。

「俺は知っての通りサラリーマンや。あんたらみたいな筋モンに絡まれるいわれはない」

「リーマンはおとなししとったらええんじゃ」

ノブが言った。

「おまえこそおとなししとけや、チンピラ」

言葉が、口を突いて出た。

 

ノブが足を踏み出し、バールを振り上げた。

ミソジはそれを転がって避けた。

鈍い金属音が聞こえた。

次の瞬間、首筋を痛烈な痛みが襲った。

その後は何発蹴りを食らったかわからなかった。

側頭部にもらった一発で、意識が飛びかけた。

急所への打撃を避けようと、地面に這いつくばって丸くなるのが精一杯だった。

 

「もうええ。それくらいにしとけ」

その声で、執拗な蹴りが止まった。

髪をつかまれ、顔を上げさせられた。

「なあ、わかったか。余計な首は突っ込むなよ。次はこんなもんじゃすまんぞ」

オジキの声が耳元で聞こえた。

「楽しみにしとくわ」

朦朧とする意識の中、ミソジは言った。

「いきんなや、ガキ」

顔を、地面に叩き付けられた。

 

足音が遠ざかる。

笑い声が聞こえた気がした。

ミソジは顔を動かして、ハイエースの方を見た。

二人の男が乗り込んだ。

ミソジは、自分の意識が薄れていくのを感じた。

 

 

続き【ウェブ狼 第二十八話 ~追跡~】を見に行く

ウェブ狼 目次はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

(最終更新:2016年6月29日)コメント0件793

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top