35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

ウェブ狼 第十一話 ~会議は踊る、されど芽生えず~

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第十話 ~企画室にて~)はコチラ

「今回はアクセスアップが主目的、というか、それだけでええって言われている」
ミソジは言った。

「おかしな依頼ですけど、そういう背景だったら仕方ないですね」
瞳が訳知り顔で頷く。

「とはいえ、や。それやと、仕事としておもんない」

「面白くなくても、いいんじゃないですか。先輩の目的が何なのか知りませんけど」

瞳がゆっくりとした口調で言った。

 

新田。おもろい仕事とおもんない仕事、どっちを選ぶ?」

「面白い方ですよ、そりゃ」

「せやから、俺らでおもろいもんにしよう」

「でも、どうやるんです?」

「ホームページのアクセスアップで、一番早く効果が出るのは広告や。それもネット広告」

「そうですけど、予算は大丈夫なんですか?」

天井無し。新田、オマエならどうする?」

ミソジは言った。

リスティング広告と並行して、広告枠探しですね」

瞳が即答した。

「正解。でも、それやとおもんないし、オマエの出番がないで、新田」

「リスティング広告の設定、くらいですかね」

「それも必要ない」

「なぜです?」

「細かい設定なんかいらんねん。広告費はいくらかけてもええわけやから」

「あ、そうですね」

 

「そうは言うても、ただアホみたいに広告を打つだけやと何も残らん」

ミソジは無垢材が貼られた壁を見ながら続ける。

「俺らがおらんようになった後、またアクセスがなくなる。そらそうや、広告でアクセス数に下駄履かせただけやもん」

「なるほど、確かに」

「そんな仕事はしたくないし、もったいない。せっかく色んなことが試せそうなのに」

「色んなことって何ですか?」

「たとえば、テレビに取材されるとか、な。酒井美里はメディア露出、NGみたいやけど」

「先輩、テレビ局にツテがあるんですか」

瞳が目を見開いた。

「いや」

「じゃあ、ダメじゃないですか」

「ツテはなくても、やりようはある」

ミソジは言いながら壁に背中をつけ、体重を預けた。

 

スポンサーリンク




 

「それ、教えてください

「その話は本題から逸れるし、また今度な」

「え~、それこそ面白いことじゃないですか」

「次の機会までのお楽しみや」

「自分だけ知ってるなんて、ずるい

瞳がしかめっ面をし、不満をあらわにした。

「ずるいって何やねん。子供か」

「教えてくれないなら、いいですよ。別に」

ふくれっ面をした瞳が横を向いた。

 

やはりこいつはまだ子供だ。

ミソジは内心にそう思い、安心した。

「まあ、とにかく、や。俺の仕事の流儀は、依頼されたこと以上の成果を残すってことやねん。小さなことでもええから、プラスアルファの成果を加える」

「それ、いいですね。いい考えですね」

瞳がこちらに向き直り、目を輝かせた。

「だから、クライアントと俺たちがWin-Winになれるように計画を設計する。そこを最終目的として、達成できる道筋を考える」

「逆算していくわけですね」

「せやな。で、今回の件に当てはめると、最終目標はアクセスアップ。そのための、広告以外の最善策は、既存顧客を取り込むこと」

「既存顧客というと、既にお店に来てる人たち、ってことですか」

「そう。ちなみに、簡単に売り上げを伸ばそうと思ったときも既存客をターゲットにするのが早道なんやで」

「どうしてです?」

「来店、購入へのハードルが低いやろ? 少なくとも一回買うてんねんから、こっちのことを知ってるわけやし」

「ああ、そうですね。知らないお店より、行き慣れたお店を選びがちですよね」

瞳が大げさに頷いて見せた。

「既存顧客は恐らく店のホームページの存在を知らん。せやから、ホームページにアクセスしたくなる仕掛けを作ろう」

「毎日、ホームページで合言葉を発表して、会計時にそれを言ってくれたら何かしらのサービスとか。その告知のためにチラシとかポスターがいりますね」

「お、乗ってきたな」

「ポイントカードと絡めるのもいいかも。なければ、作りましょう。ポイントカード」

瞳がひときわ大きな声を出した。

「そうしよう」

ミソジは頷いた。

 

スポンサーリンク




 

「面白いですね、こういうこと考えるの」

瞳の声が弾んでいる。

「せやろ。やっぱ仕事はおもろくないと」

「あたしたちは面白い上に報酬を受け取れる。クライアントさんは依頼したことが達成される。これぞWin-Winですね」

「その通り。せやいうても、これで売り上げが伸びたらえらいこっちゃけどな」

「いいことじゃないですか」

税金対策でわざわざ作った店や言うてはったからな」

「儲かっちゃダメってことですね、つまり」

「そんときは二号店でも出してもらうか」

「拡大したら、その倍儲けたりして」

瞳がいたずらっぽい笑みを浮かべた。

「それは大丈夫や。複数店舗経営となると、利益は一店舗のときの倍にはならんねん。大体、利益率が下がる

「どうしてです?」

「これに関しては事例がいくつもあって、な。これもおいおい話していくよ」

「今、教えてくださいよ」

「いや、タイムオーバーや」

ミソジは腕時計に視線を落として言った。

 

ドアをノックする音が『企画室』に響いた。

時間通りだった。

「すぐに出ます」

ミソジは大声で返事した。

「どういうことです?」

瞳が怪訝そうな顔でこちらを見た。

「この部屋は時間制で、な。『会議』『商談』は20分以内で、というのが決まりなんや」

「なんですか、それ」

「オープン当時からの決まりらしいから、しゃあない。出るで」

「ちょ、ちょっと待ってください」

瞳が慌ててノートパソコンをしまい始めた。

 

続き【ウェブ狼 第十二話 ~凪、静けさ~】を見に行く

ウェブ狼 目次はコチラ

コメント0件574

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top