35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

検索行為の限界と思いきや偏見と先入観が邪魔しただけだった件を小説風にしてみる(自戒という名の駄文)

ワンピースのキャラクター、フジテレビ前
By: Antonio Tajuelo

割と長いです
有限な人生のひとときを駄文に費やしたくない方は、読むのをお控えください。

 

検索限界、偏見、邪魔、小説、自戒

夜、雨。

僕は家を出て、傘の群れに加わった。

 

深夜0時30分を過ぎたとはいえ、人通りは極端に減らない。

近くに観光客向けのホテルがいくつかあるからだ。

北京語、台湾語、韓国語、タイ語などが飛び交う中を、僕は歩いた。

 

海外旅行で気分が舞い上がっているのだろう。

彼らは一様に笑顔を弾けさせ、ときに道を占領して騒いでいる。

Excuse me

 

特に英語を使う意味はない。

ただ、『外国人に対しては英語』という日本人ならではの固定観念を具現化させただけだ。

僕には、コンビニへ急ぐ理由があった。

 

 

そう、4月4日は『ONE PIECE』(81巻)が発売されるのだ。

ワンピースのキャラクター、フジテレビ前
By: Antonio Tajuelo

 

僕は『ONE PIECE』を、大学卒業の際に全て売った。

しかし、5年ほど前にふと思い立って買い戻していた。

60巻ほど一気に。いわゆる大人買いだ。

それ以来、僕は漫画の中で『ONE PIECE』だけ、定期購読している。

いわば、僕に許された唯一の娯楽なのだ。

 

いや、物語を編む者として、広い意味ではこれも仕事だ。

これが仕事でなくして、何が仕事なのだ。

というより、そもそも仕事とは何か、それで生計を立てていれば仕事か。

その意味でなら仕事と言わず、『生業』と言うべきだ。

だとしたら、仕事とは……。

 

危うく自分という存在を、哲学的な領域に置きそうになったので、そこで思考を断ち切った。

外国人の団体を横目に見ながらブツブツ言っている僕は、もしかしたら非常に不気味なジャパニーズだったかもしれない。

この場を借りて彼らに謝りたい。

すまん

 

いや、今はそんなことどうでもいい。

とにかく、僕はコンビニへ行かねばならないのだ。

 

ようやく目的地へたどり着いた僕は、一呼吸入れてから悠然とファミリーマートへ入った。

ワンピースを読みたくてうずうずしながら、ここに来たわけではないというアピールをする必要があったからだ。

あくまで、

コンビニに夜食を買いに来たらたまたま発見したので、ついでに(暇つぶしに)漫画を買った感

を全身から出さなければならない。

 

なぜかって?

普段ハードボイルドを標榜している僕(あくまで本人の願望です)が、少年漫画を買うために勢い込んできたなどと悟られてはならないからだ。

大事なのは自己演出だ。

葉巻を吸う男性
By: Joseph Vasquez

 

僕は夜食を買いに来たふりをして、いつも新刊本が並ぶレジにさりげなく目をやった。

しかし、そこにあったのは先週発売の漫画週刊誌だけだった。

 

驚き呆れた僕は、

omg omg

と言いながらファミリーマートを出た。(omgは『Oh,my God』の略)

 

スポンサーリンク







 

ファミリーマートを出た足で、僕は近くのローソンへ向かった。

だが、驚くことにローソンにも置いていなかった。

ところがどっこい、僕の家からは徒歩5分で行ける距離に10箇所ほどコンビニがある。

その全部をしらみつぶしに探せば、どこかには……。

 

と、そこで僕は気がついた。

 

////////以下、きらめく僕の思考。

いや、ちょっと待て。何かがおかしい。

今、自分が置かれている状況を考えろ。

これは何かの啓示だ。

過去にこのようなことがあったぞ。

大体、こういうときは何をやっても徒労に終わる。

冷静になって判断するんだ。

////////きらめく僕の思考ここまで。

 

そう考えた明確な理由はない。

そんな気がした、というのが本当のところだ。

経験則から弾き出した僕個人にありがちな法則だ。

『僕あるある』と言っても良い。

 

つまるところ、

発売日が違うのではないか?

と考えたのだ。

それも、発売日を見間違えたのではなく、ネット検索のトップに出てきたページが間違っているのではないかという推測を立てた。

僕は無意識に日付を何度も確認するクセがあるので、見間違えた可能性は限りなく低い。

やはり、ネット情報が違うのだ。そう結論付けた。

 

その理由の一つとして、僕自身がいつもコンサルのクライアントさんに言っていることがある。

ネットの情報が全て正しいわけではありません

誤っている、もしくは情報が古くて今はもう変わっているものもあります

しっかりソース(情報源)を確認してください

 

そう、これがいわゆる【検索行為の限界】なのだ。

ネットの誤っている情報を、他のサイトがコピーして、更にコピーして、なんてことはよくある。

 

危うく自分がその罠にかかるところだったぜ

 

この上ないほどニヒルな表情を浮かべながら、僕はズボンのポケットに手をやった。

が、そこにはスマホがなかった。

 

omg!!

そう、コンビニ行くだけだからとスマホを持ってきていなかったのだ。

僕は後悔し、家路についた。

自宅PCで検索しても同じさ、とうそぶきながら。

 

 

家にたどり着き、起動したままのPCで検索する。

amazonなら、間違いはないはずだ

そう思った。

僕は『amazon』のサイトへ行き、【ワンピース】と検索ボックスに入れ、ENTERボタンを叩いた。

Amazonロゴ
By: Bernard Goldbach

 

次の瞬間、僕は叫んだ。

 

ほらね。やっぱり、5月やんけ!!

 

検索結果には『(表紙の)画像はありません』と書かれた画像と、その下に『ONE PIECE モノクロ版 81 (ジャンプコミックスDIGITAL) 2016/5/2』という文字が表示されていた。

そのときの僕のドヤ顔は、笑点の好楽さん(三遊亭好楽:ピンクの人)に匹敵するものだったはずだ。

 

スポンサーリンク







 

既に、お気づきになった人も多くいると思う。

自分の能力と経験を過信した結果、自身の目を曇らせ、こういう単純なミスを犯す。

特に、中高年は気をつけてほしい。

 

え? どこがミスだって?

ミスはいくつもある。

以下に列挙する。

よく調べずに行動する
コンビニに雑誌類が入荷するのは大体、発売日の二時以降(※店舗による)だということを忘れる
ネットの情報には誤りも多いという予備知識を盲信する
過去の経験から導き出した自分への先入観
経験豊富な自分は間違っていないという過信
amazonへの謎の信頼(ジャンプコミックスDIGITALはkindle版のこと)

 

こうやって並べてみると、複合的な要素が絡み合って、悲劇が起こったということがわかる。

そう。歴史上の出来事もこのように原因は一つではないのだ。(牽強付会)

 

とはいえ、だ。

とりわけに関しては、自分のことながら擁護できないほど、ヒドイ。

 

自身が立てた仮説が、自らの目を曇らせ、客観的な判断ができていない。

『人間は都合の良い情報だけ見聞きする』

何度も自分に言い聞かせているにもかかわらず、この歳になって、いや、この歳になったからこそ見誤った自分を情けなく思う。

 

ちなみに、僕が自らの誤りに気付いたのは、翌朝になってからだった。

ふと気になって再び検索してみると、どのサイトもワンピースの発売日を4月4日にしている。

全員が間違いを載せているのか?

そんな馬鹿な。いや、待て、落ち着け

みんなが言っているからって、正しいわけじゃないだろ!!

 

そう(心の中で)叫びながら、集英社の公式サイトへ行く……。

 

 

【ONE PIECE 81巻 4月4日発売】

 

僕、爆死!!

 

おっさんが深夜徘徊しただけの話でした。

現場からは以上です。

 

最後に一言

結局、通勤途中に本屋で買いました

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top