35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

よく見られている記事

アンドロイドスマホ
750023

【Android】アンドロイドスマホの電源が入らないときに試したい4つの方法

ちょっと前までは動いていたのに、突然動かなくなった。 何が原因かさっぱりわからない。 スマホに限らず家電なんかでも、そういうことがありますよね。 下手に触って余計なダメージを与えたくない。 でも電話が使えない、ネットにもつながらないなんて困...

【犯罪被害体験談】ガチの犯罪被害に遭いました。 ~追伸、僕は元気です。【引ったくり】

引ったくり現場

本当にお恥ずかしい話なのですが、2016年8月30日未明、犯罪被害に遭いました。

(これを書いている5時間ほど前の話です)

 

先に言っておきますが、当方、38歳男性、会社員です。

どんな被害に遭ったかというと、

【引ったくり】

です。

 

2014年の警察庁調べでは、引ったくり被害者の9割が女性だそうです。

なまじそれを知っていただけに、自分がそんな被害に遭うなんて思っていませんでした。

『まさか自分が…』

というのは、こういった犯罪に巻き込まれた人がよく言う言葉らしいですが、正に今、僕はそういう状態です。

 

引ったくりに遭う前の状況

8月29日の深夜(8月30日未明)のことです。

 

言われてもいないのに勝手に残業し、遅くなったので徒歩で帰宅しておりました。

(当方、こう見えましても部長という役職をいただいておりまして、出退勤の時間は割と自由がききます)

 

本名も会社名も公表しておりますので、いまさら個人情報がダダ漏れなのは最早どうでもいいのですが、会社は大阪市中央区本町です。

そこから、何とか歩いて帰れる距離ということで、大体どの辺かおわかりいただけると思います。

 

たまに終電を逃したときは、日頃の運動不足を解消する意味もあり、歩いて帰っておりました。

好きこのんで残業していますので、交通費を会社に請求するわけにもいかず、とはいえ決して裕福ではないのでタクシーなど使えません。

 

というより、実はただの貧乏性なのですが。

 

 

引ったくりに遭った状況

それはさておき、被害の状況です。

 

普段は大通り沿いを歩いて帰るのですが、今日は家から500mほどに近づいた時点で、そこを逸れました。

ちょうど目の前の信号が赤になったので、家も近いし、少し早めに大通りから住宅ゾーンに入ったわけです。

 

この界隈には10年くらい住んでいるので、その道路も勝手知ったる庭という感じで歩いていました。

そして、次の角を右に曲がりました。

やや薄暗くなり、人通りがほとんどなくなりました。

 

なぜそのルートを通ったのかはわかりませんが、あまり意味はなかったように思えます。

ちょうど、今後の仕事の段取りを考えていたから、何となくという感じだったはずです。

 

と、そのときでした。

 

右手が急に引っ張られる感覚があり、何事かと思いました。

次の瞬間、僕の目に映ったのは、スクーターらしきバイクの後部座席で、僕のバッグ2つを持った男の姿でした。

 

一瞬、何が起こったのか僕にはわかりませんでした。

ほんのコンマ何秒か呆然としました。

 

犯人の男(以下、犯人)は、フルフェイスヘルメットを被り、白い半透明の雨合羽を着ていました。

勢い良く僕の右手から引っこ抜いたので、バイクの後部座席に乗った犯人の右側にバッグがある状態です。

 

次の刹那、バイクが急加速しました。

僕は我に返り、それを追いかけて、走り出しました。

 

バイクは次の角を左へ曲がり、直進します。

僕は、「おい!」「待て!」と言いながら、それを追いかけました。

 

そのまま100m以上全力疾走しましたが、バイクに追いつくわけもなく、逃げられました。

 

大声で呼びかけながら走る僕を、犯人は嘲笑っていたことでしょう。

そう思うと、悔しさが増します。

 

今思えば、盗られた瞬間、左手に持っていた傘を投げつけてやればよかったと思うのですが、ナンバープレートを確認するのが精いっぱいでした。

 

スポンサーリンク

 

犯人の特徴

スクーター二人乗り。

前述の通り、後部座席に乗っていた男(体格から)はフルフェイスヘルメットを被り、白い半透明の雨合羽を着ていました。

運転手は角度が悪かったこともあり、見えませんでした。

 

ナンバープレートは【285】もしくは【2685】という番号が見えた気がします。

プレートの下地は白だったはずなので、原付ではなかったように思いますが、確証はありません。

これは警察にも伝えています。

 

逆に言うと、犯人の特徴はこれくらいしかわかりませんでした。

咄嗟のことだったということもありますが、追いかけるのに精いっぱいでした。

 

警察でも聞かれましたが、バイクの接近には全く気づきませんでした。

「手慣れた犯人ならライトを消して、被害者の手前から惰性で近づき、盗ってから急加速で逃げる」

という話を警察の方から聞きました。

さもありなんと思いましたが、今更知っても、後の祭りです。

 

なぜ、引ったくりに遭ったのか

なぜ引ったくりに遭ったのかというと、

【油断】

その一言に尽きると思います。

 

自分で言うのも残念なのを承知でいいますが、当方、昔から治安のよろしくないところに慣れております。

10代の頃は一部ネットで有名な修羅の国、北九州(筑豊寄り)で育ち、

【悪そうな奴は大体友達】

状態で過ごしておりました。

(誇張が入っています。僕は不良ではありませんでしたし、喧嘩弱いです、笑)

 

大学は長閑な田舎でしたが、卒業後は大阪に来て、かの有名な西成やミナミ界隈に通算10年以上住んでいます。

ですから、日頃から治安の悪さに慣れっこになっていたのです。

 

また、加齢のせいもあると思います。

というのも、以前は外を歩いているとき、常に注意を払っていたのに、今は気づけば考え事をしながら「ボ~」っと歩いている始末です。

昔のように行動にも思考にも『キレ』がなくなっていると感じていた矢先のことですので、余計にそう思います。

 

そんな感じで深夜に歩いていた僕は、犯人たちから非常に無防備に見えたのだと思います。

 

また、冒頭でも申し上げましたが、

【まさか自分が】

と無意識に、根拠もなく思っていたこともあります。

被害届受理証【被害届受理証明のお知らせの紙】南警察署だってバレてますが、この際どうでもいいです。

 

盗られたもの

手提げのビジネスバッグ(茶色、革)

中身:長財布、小銭入れ、システム手帳、モバイルバッテリー、名刺入れ、折り畳み傘、会社の書類、商品パンフレット、文房具など

重要書類は入っていなかったことが不幸中の幸いです
携帯電話と鍵はポケットに入れていたので無事

 

財布の中身:お金、運転免許証、キャッシュカード、健康保険証、クレジットカード、診察券、各種会員証、お守り

通勤定期券と会社ビルの入館カードは胸ポケットに入れていたので無事

 

小バッグ(黒、布)

中身:空のお弁当箱と箸箱

 

返してほしいもの

◆盗ったもの全部(とりわけ嫁からプレゼントされた財布と、予定がびっしり詰まったシステム手帳)

◆睡眠時間

 

スポンサーリンク

 

大変、お恥ずかしい話です

普段、社内では身体を鍛えていると吹聴して回り、若い社員に筋トレを勧めるという、絵に描いたようなマッチョ思想かつウザい中年の僕が、『引ったくり』に遭うなんてお恥ずかしい限りです。

(とはいえ、大してマッチョではありません、笑)

 

しかし、恥を忍んで、それを晒しているのも、注意を喚起するためです。

日本は相対的に治安が良いとはいえ、やはり犯罪はゼロにはなっていません。

僕のように不意に犯罪に巻き込まれることもありますから、十分に気をつけてください。

 

まあ、僕ほど不用意な方もあまりいらっしゃらないんでしょうが。

 

最後に

ネタにでもしないと、やってられません。

そんな気分です。

 

警察署の廊下で被害届の作成を待っていたときに、ツイートしています。

ちなみに、ケガ等はありませんでしたので、ご心配なく。

でも、心の傷は負いました。

特に、プライドが傷つきました。

 

最後の最後に

『で、いくら盗られたの?』って?

まあ、具体的な金額は差し控えますが、諭吉は数名、いや、もう少しいました。

それから、一葉さんが一名と、英世さんも数名いました。

 

なぜなら、弊社の給料日25日です。

また、Google Adsenseの支払い20~22日です。

だから、普段より少し多く…。

後はわかるな?

 

最後に悪態すみません。

くそっ、マジ金返せ。

いや、金返せ。

 

(ネタです。あしからず。↓↓↓↓↓)

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top