35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

【短編小説】浮気なん?(以下、略) ~第五話(最終話)

第一話(浮気なん? 旦那と妻の浮気で嫌いと大好きが交錯してむかつくけど、わからないので死ぬ寸前まで行った件)はコチラ

第二話はコチラ

第三話はコチラ

第四話はコチラ

 

旦那とユリは、旧知の仲だった。

それはあたしも知っていた。

なぜって、あたしが旦那と知り合ったのは、ユリの紹介だったからだ。

 

当時、大学生だったユリは隣りの大学に勤めていた旦那と知り合い、二対二の食事会を開いた。

そこに呼ばれたのが、あたし、旦那、それから旦那の友達の医者だった。

 

そのとき、医者を狙っていたユリからすれば、あたしと旦那はおまけみたいなものだった。

しかも、容姿の点で圧倒的に劣るあたしは、ユリからすれば、邪魔されることなくターゲットに集中できる、いわゆる安パイだった。

あたしはそれをわかっていて、そういう食事会に何度か参加していた。

もしかしたら、おこぼれにあずかれるかもしれないという卑屈な考えからだ。

 

そういうわけで、その食事会では自然と、一対一の関係が成立した。

旦那はシャイな人で、最初はあまりしゃべらなかったけど、あたしが自分のことを話しているうちに、緊張がほぐれたらしい。

お酒の力もあったんだろうけど、口が滑らかになり、二次会が終わる頃にはすっかり饒舌になっていた。

あたしにとって初めてのことだったけど、その日、朝まで二人でいた。

 

 

 

そんな経緯があったから、ユリが旦那に話しかけるのはおかしなことではない。

だけど、今、ユリは旦那に対して、とても自然な調子で話しかけた。

久しぶりに会ったはずなのに。

そして、旦那もそれが当然であるかのように振る舞っている。

 

どういうこと? どういうこと? どういうこと?

あたしの頭の中は疑問符だらけになった。

 

そんなあたしの考えに気づいたのか、ユリが言った。

「そんな目で見ないでよ、紗子。あたしはユキヒロさんと何も関係ないわ」

ユリが微笑んで、続けた。

 

「あんたみたいに、不倫なんてしてない。する気もない」

 

「え?」

 

目の前が真っ白になりかけた。

「どういうこと?」

振り絞った声が、かすれた。

「どういうことも何も。あなた自身がよく知ってるでしょ。あ、あとサトシも」

「おいおい。俺は何もやってないぜ」

サトシが明るい声で言った。

「したかどうかが問題じゃないの、この際。ね?」

「そうだね」

ユリの言葉に、旦那が頷いた。

 

「なに、なに? どういうことなの、これは?」

何が何だかわからなかった。

「ユキヒロさん。どうすんの? こんなことになって」

ユリが言った。

「え、いや、うん」

旦那がそう言いながら、頭頂部を撫でまわした。

困っているときのボディランゲージだ。

あたしにはそれがわかった。

 

「この際、ハッキリ言ってあげたら? じゃないと、わかんないよ、この子」

「ねえ、ユリ。どういうこと? あなた、何を知ってるの?」

あたしがそう言うと、ユリが肩をすくめて、隣りにいるサトシを見た。

サトシが困ったような顔をした。

 

「ねえ、サトシ。どういうこと?」

「ま、今、言えることは、残念ながら俺は紗子側にはいないってことかな」

「え?」

「ごめんな。俺、おまえのこと本気で口説いてねえんだわ。そもそも全然タイプじゃねぇし」

 

「いやいや、そんな全否定しなくても!」

あたしは思わず、いつものノリでそう言ってしまった。

その発言が、場の状況に合わなかったことは言うまでもない。

 

「あんたのそういうとこ、大っ嫌いなんだよね」

ユリが、眉間にシワを寄せ、嫌悪感を示した。

「空気読めずに、思ったことを言うオタク特有のノリっていうかさ」

「え?」

「そもそもさ、あんたのその容姿と性格で、あたしらのグループにいられたことがおかしいって思わなかった?」

「いや…」

「あたしが買い物に付き合ってあげたり、色々アドバイスしたおかげで見た目はマシになったよ。だけどさ…」

「ん?」

「性格は変わらなかったよね。その自己中で空気読めない性格」

「え?」

「あんた、他の子たちに裏で何て呼ばれてたか知ってる?」

「いや…」

 

「ブス子だよ」

「って、おいおいおい~! そのまんまじゃねえか!」

あたしは前傾姿勢で言った。

が、誰も言葉を発しなかった。

「えっと…、あ、あれ?」

「そういうとこじゃね?」

サトシがつぶやくように言った。

 

スポンサーリンク




 

「そんなことはどうでもいいんだけどね、紗子。ユキヒロさんはね、あんたと離婚したいのよ、本気で」

「コラコラコラ~!」

あたしは間髪を入れずに言った。

「それ、やめな。マジで

ユリが腕組みして言った。

本気で怒っているときの顔だった。

あたしは、その顔をされると弱い。

目が合わせられなくなった。

 

「ユキヒロさんがあんたと結婚した理由、知ってる?」

「え? そりゃ、あたしのこと好きだから…」

「んなわけないでしょ」

「は?」

あたしは顔を上げた。

ユリと目が合って、また視線を逸らした。

「あんたのお父さん。国立大学の教授だよね? しかもユキヒロさんと同じ研究領域」

「そ、そうだけど」

「だから、よ」

「え? それだけ」

あたしは旦那とユリを交互に見ながら言った。

 

「それだけ、よ」

ユリが強調した。

「ってか、普通気づくよね?」

「うぇ?」

「あんたのそういうとこだと思うよ」

「な、なにが?」

「人として、ダメなところ。状況判断できずに、突っ走るところ。学生のときから、何度も指摘したけど」

「そ、そう?」

「ほら、全然耳に入ってない。あんたはさ、自分に都合の良い言葉しか聞こうとしないの。その割に自分を客観視できないから悪い方にばかり行く」

「偉そうなこと言ってるけど、ユリもあんまり変わらない気が…」

サトシが小声で言った。

「聞こえてるけど?」

ユリが声を低めて言った。

「あ、ごめん。もう言いません」

 

スポンサーリンク







 

「ま、それはいいとして、ユキヒロさんがあたしに連絡をくれたのよ。二ケ月ほど前に、ね」

「え?」

あたしは旦那を見た。

旦那は、先生に怒られ、委縮してうつむいている生徒のようだった。

 

「で、あたしが計画を練って、あんたが言い逃れできないように証拠を固めたってわけ」

「そんなことって…」

「もちろん、あんたを懲らしめるためよ」

「あ~あ、言っちまったよ」

サトシがぼやくように言った。

「あたしは許せなかったわけ。人の良いユキヒロさんに甘えて、あんたが家でぐうたらして、それでわがまま放題言ってるのを聞いて」

「でも…」

「そうよ。人様の家庭のことだから、他人のあたしが口出す権利はない。だけどね、助けを求められたら話は別よ」

「ま、それに乗っかったのは、ユリの嫉妬もあったと思うぜ」

サトシが横から言った。

「サトシ、あんた」

「おお、怖っ」

「嫉妬って?」

そんなこと初耳だった。

ユリがあたしに嫉妬?

 

「旦那さんは、将来的に国立大学の教授間違いなしって言われてるだろ?」

「サトシ」

「それに引き換え、こいつは医者の彼氏にフラれ、会社社長にもフラれ、つい最近なんか芸能じ…」

「サトシ、いい加減にしなさいよ!」

ユリの、ドスの利いた声が辺りに響いた。

「はい、黙ります」

サトシが自分の口を両手で押さえた。

「ま、別にそんなことバレてもいいんだけど、あたしが嫉妬だけでそんなことしたと思わないで」

「え、あ…」

あたしはとにかく混乱して、言葉が発せられなくなっていた。

 

「さっきも言ったけど、あんたを懲らしめるためよ」

「懲らしめるって…」

「あたしはあんたに対して、十年来の不満があったの。何度も忠告したのに、一向に欠点を直そうとしないところ」

「そんな…」

「最近、連絡しなくなったのも、その欠点がどんどんひどくなってたから」

「それはわかったけど。だけど…」

あたしはサトシを見た。

「あ? 俺?」

サトシが両手を口から離して言った。

「実は、さ。俺、三ヶ月前に会社クビになったんだよね。だから、金が必要で、さ」

「え? じゃあ、こっちには…」

「転勤で来たって言ってたけど、あれ、嘘。おまえに会う日は東京から来てたし。いや~、ツラかったな~。これでようやく終わり」

サトシが晴れやかな顔で言った。

「そんな…」

「ああ、もちろんユリも金もらってるよ、旦那さんから」

「サトシ、あんた」

「キレイごとばかり言っちゃダメっしょ、やっぱり」

サトシが舌を出した。

「ユリ?」

「もらったわよ、それが何?」

 

 

きいいいいいいい~~~!!

 

あたしは奇声と共に、ユリにつかみかかった、つもりだった。

 

「ギャッ!!」

全身の痛みに、あたしは悲鳴を上げた。

気がつくと、地面に倒れていた。

 

あたしは、投げ飛ばされたのだ、ユリに。

その感覚を身体が覚えていた。

 

入身投げ。

 

技の名前を思い出した。

高校のときに、何度か遊びでやられたことがある。

ユリは合気道の有段者なのだ。

 

ずるい、ずるいよ、ユリ。

 

 

 

****************************************************

 

というわけで、あたしは今、実家に引きこもって、この手記を書いている。

 

追い出されるようにして、家から退去させられ、恥を忍んで、下げたくない頭を下げて実家を頼った。

離婚調停はまだ続いているけど、どうやら離婚は免れないみたいだ。

 

いや、それはもう今更いい。

そんなことより、旦那と親友と男友達を同時に失ったことで、あたしには何もなくなった。

一番信頼していた人たちに、あんな仕打ちを受けるような真似を、あたしがしたとは思えない。

絶対に。

 

だけど、父も母も、あたしの言い分をまともに聞いてくれようとはしなかった。

それどころか父は旦那の肩を持つような発言をし、これからも彼とは付き合っていくというようなことを言っていた。

 

あたしは、今、絶望の淵にいる。

せめて、このことを書き記さなければ、吐き出さなければ、精神を保ってはいられない。

 

 

人間を信用してはいけない。
他人を信用してはいけない。
人間を信用してはいけない。
他人を信用してはいけない。
人間を信用してはいけない。
他人を信用してはいけない。
人間を信用してはいけない。
他人を信用してはいけない。
人間を信用してはいけない。
他人を信用してはいけない。

 

 

人間を、他人を…。

 

【了】

 

第一話はコチラ

第二話はコチラ

第三話はコチラ

第四話はコチラ

 

【関連記事】

真実と書いている地面

読み切り短編小説 迷探偵『読了コンナン』 ~読者への挑戦状 君は最後まで読み切ることができるか~

 
※この瞬間、世界で最も無駄な時間を過ごしたくない方はこれ以上、読み進めないことをオススメします。
※もし読了した後、読んだ時間を返せと申されましても、私は全知全能の神でもなければ、タイムマシンを所…

男女の影

【読み切り短編小説】不条理 ~モノローグ~ ※18禁指定

 
※本編には、やや過激な表現が含まれます。
以下に該当する方は、閲覧をご遠慮ください。

1. 18歳未満の方
2. 道徳観念が強い方
3. 暴力的表現が苦手な方
4. 性的表現が苦…

田舎にある川

【純文学風読み切り短編小説】 ~帰郷~ 【R-15+指定】#ぶろぐのぶ

 
ノゾミは母を連れて、ここへ戻って来た。
 
田舎の、本当に田舎の無人駅に、ノゾミは母と共に降り立った。
昼下がりの日差しが、殊更に強く感じられた。
 
「お母さん。この駅…

箱庭

【十八禁】箱庭 ~いわゆる純文学風短編小説~ 第一話【二話完結】

 箱庭(はこにわ)は、小さな、あまり深くない箱の中に、小さな木や人形のほか、橋や船などの景観を構成する様々な要素のミニチュアを配して、庭園や名勝など絵画的な光景を模擬的に造り、楽しむものである。Wikipaed…

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top