35deFA

ハードボイルドなブログ小説家が綴る雑多ブログ

ウェブ狼 第二十話 ~背後からの脅威~

黒いSUV車 
By: Murray Barnes

ウェブ狼 目次はコチラ

前回(ウェブ狼 第十九話 ~密室~)はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

 

消毒薬の匂い。

白で統一された室内。

自分がこんなところに閉じ込められたら、一日と経たず、脱出を試みるだろう。

ミソジはベッド越しに窓の外を見ながら、そう思った。

昼下がりの陽光が部屋に注いでいた。

 

「で、トシちゃんが疑われてんの?」

タイゾウの声で、物思いから現実に戻った。

頭に包帯を巻いたタイゾウが上半身を起こしていた。

「いや、まあ、俺が直接ってわけちゃうな。ただ、共犯いうか、そんな感じでは思われてるんかもな」

ミソジは遅まきながらタイゾウの見舞いに来ていた。

足の骨にヒビが入っている以外は軽傷と言えなくもないが、頭を打ったので検査も兼ねて入院させられたらしい。

「警察は疑うのが仕事だから。あんま気にすることないよ、多分」

腕を上げようとしたタイゾウが、顔をしかめた。

 

タイゾウは酒井家を探っていて、ハリーことアンディ・ジョーンズに怪我を負わされていた。

一度、警告を受けていたにもかかわらず、酒井家に近づいたのはタイゾウの慢心、不注意のせいだ。

とはいえ、責任の一端は雇い主の自分にもあると、ミソジは考えていた。

だからというわけではないが、追加料金を払ってタイゾウを個室に入れていた。

 

「知った風な口叩くなよ」

ミソジはタイゾウの左腕を小突いた。

「痛っ。そこ、ケガ‥‥」

「なあ、タイゾウ」

ミソジは気づかないふりして言った。

「おまえ、警察に知り合いおらへんか?」

「え?」

「事件の情報流してくれそうな。弓森由利子が殺された件の」

「いるっちゃいるけど」

「けど?」

「金がいるね。情報料」

タイゾウが笑顔で言った。

「前の仕事で、多めに払ってるはずや。そこから出しといてくれや」

「えぇ~、そら殺生やで、トシちゃん」

「けったいな関西弁使うな。これで何とかしろ」

ミソジは一万円を差し出した。

「あと二枚」

タイゾウが札を受け取りながら言った。

「なんでや」

「情報料は三万円って決まってるんだって」

「誰が決めたんや、そんなん」

ミソジは一万円を二枚札入れから出して、ベッドに放った。

「領収書いるからな」

「退院したら、発行するよ」

タイゾウが笑顔を見せた。

 

スポンサーリンク







 

病院内の駐車場に停めた車に戻り、ミソジはスマホを手にした。

電話帳から探し、電話をかける。

3コールで、瞳が出た。

『珍しいですね、先輩が電話してくるなんて』

「そうか」

左手でシートベルトを引っ張り、装着した。

 

『いつもはメールじゃないですかぁ。しかも内容は書かずに会ってから話すって』

「メールは第三者に見られているからな」

『あたしたちはそんな重要人物じゃないですよ』

瞳の笑い声が聞こえた。

「一般人のメールでも検閲単語に引っかかったら、そのメールはアメリカに筒抜けや」

『なんですか、その話。面白そう』

「いや、これは別の話や。テロリスト云々の。でな…」

ミソジはキーを取り出し、車のエンジンをかけた。

『はい』

「こないだの酒井さんからの仕事の依頼」

『受けるんですね』

「先に言うな。まあ、ええわ。そういうことやから」

ミソジはハンドルを切りながらアクセルを踏んだ。

駐車場の中を徐行する。

 

『どうしたんですか、急に』

「うちの奥方に話したら、そう言われてな」

『どう言われたんですか』

「『その仕事やってみたいんやろ?』って」

『図星だったんですね』

「そうや」

左右を確認し、駐車場を出た。

『先輩は引け目を感じたんですよね、ずっとほったらかしにしてるから』

「ありていに言えば、そうなる」

『良い奥さんですね』

瞳が大きな声を出した。

「否定はせぇへんよ」

『じゃあ、その件について…』

「次、会ったときに詳細は詰めよう。また連絡する」

ミソジは返事を待たずに、電話を切った。

スマホを助手席に放り、短く息を吐いた。

今から一仕事する必要があった。

 

スポンサーリンク







 

尾行されているのではないかと疑念を抱いていた。

自宅から病院までの道のりで、そう感じた。

相手方の車をしっかりと確認できたわけではない。

しかし、同じ車体、同じ色の車がバックミラー越しに何度か視界に入った。

 

普段なら気にも留めなかっただろう。

第六感というか、虫の知らせと言ってもいい。

なぜか、その車が気になった。

 

こういうことに慣れていない自分に気づかれるということは、尾行が下手なのか。

それとも、尾行していることをこちらに知らせようとしているのか。

だとしたら、一体誰が、どんな理由で?

堂々巡りで、答えが出るはずもない問いだった。

ミソジは思考を中断し、バックミラーを見た。

まだ、それらしき車は映っていない。

 

千日前通に合流した。

西日が眩しかった。

サンバイザーを下ろす。

土曜日の夕方、交通量はいつもと変わらず多い。

難波方面へ向かう車列に加わり、ゆっくりとマークⅡを進めた。

時折、視線だけ動かしてバックミラーを確かめる。

 

阪神高速の高架下に差し掛かろうとしたときだった。

車線変更して、こちらの二台後ろについた黒い車体のSUV。

あれだ、とミソジは思った。

運転手の顔までは判別できなかった。

運転席に一人、助手席は空。

とはいえ、尾行が一人だとは限らない。

後部座席に誰かいるかもしれないし、そもそも一台だとは限らない。

ミソジは自分の肩や腕に力が入るのがわかった。

 

やめようとは思っても、勝手に思考が巡る。

 

尾行者は何の目的で、自分を追っているのか。

偏見かもしれないが、SUVということは警察車両ではないような気がする。

というより、警察なら素人に気づかれるようなヘマはしないだろう。

だとすれば、誰が?

 

ミソジは難波の交差点を通り過ぎ、湊町ミナミ交差点手前で右折レーンに入った。

あれが本当に尾行者の乗った車なのか確かめる必要がある。

そう思った。

前の車に合わせてブレーキを軽く踏み、視線をバックミラーにやる。

二台後ろで黒いSUVがウィンカーを右に出し、車線変更をした。

しかし、ミソジの真後ろを走っていたミニバンも右折レーンに入ったため、こちらからSUVの運転席を見ることができなかった。

舌打ちをし、ミソジは信号待ちをした。

 

ややあって矢印信号が右折を許可した。

ミソジはマークⅡを四つ橋筋へと進めた。

なんばHatchを左に見ながら走り抜ける。

ミソジはウィンカーを出し、左側に車線変更をした。

遅れて、黒のSUVが同じ動きをする。

 

少し進んだところで、今度は右側の車線に戻ってみた。

バックミラー内のSUVがついてくる。

心臓が早鐘を打った。

 

SUVの動きは露骨だった。

それは自分に対するメッセージなのではないか。

ミソジはそう思った。

とはいえ、相手が誰なのか、自分が何をしたのか見当がつかないのでは、その意図を汲み取りようがない。

 

運転手の顔を見れば、何かわかるかもしれない。

そう考えたが、運の悪いことに車の流れが悪くなりつつあった。

いつものことだが、四つ橋筋はこの辺りから混雑し始める。

アクセルを緩め、車間距離をとる。

 

次にどうするか、どの道筋を通ってどこまで行くか。

バックミラーを見ながら考えを練ろうとしたとき、黒のSUVが車列を外れ、右折レーンに入った。

中央大通と交わる大きな交差点だった。

ミソジはそのまま車を直進させた。

サイドミラーに映る黒いSUVが、古い型のハリアーだということが辛うじてわかった。

その姿が徐々に遠のいていった。

遠いせいで、ナンバーまでは確認できなかった。

 

続き(ウェブ狼 第二十一話 ~すっぽかし~)を見に行く

ウェブ狼 目次はコチラ

人物相関図(クリックでポップアップ)

 

(最終更新:2016年5月9日)コメント0件822

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top